都民ファーストの会 東京都議会議員 たきぐち学のホームページ

理念・政策

  • HOME »
  • 理念・政策

~東京大改革を前へ~

 

● 都民の命を守る
  医療、介護、虐待、子どもの安全、大災害、食の安全、、、

● 行政の理不尽を正す
  保育、教育、道路計画、税金の使い方、、、

● 徹底した都政改革と議会改革
  情報公開、公文書管理、報酬・費用弁償の見直し、、、

 

1.安全安心を高める『改革』

 ■ 無電柱化、住宅の耐震・不燃化、上下水道の耐震化などを推進し、地域の防災力向上を図ります。

 ■ 気候変動に伴う集中豪雨などへの対応を強化します。

 ■ 救急医療体制や災害時医療救護体制を確立します。

 ■ 都と区の連携を強め、虐待から子どもの命を守ります。

2.すべての都民に優しい『改革』

 ■ イクボスを増やし、働き方改革を進め、「ワーク・ライフ・バランス」を実現します。

 ■ 待機児童をなくすため、多様な保育サービスの拡充や保育人材の確保等の支援を充実します。

 ■ 育児・介護のダブルケアの支援充実を図ります。

 ■ 子ども食堂への支援など、新たなコミュニティと子どもの居場所づくりを推進します。

3.地域が元気になる『改革』

 ■ 外国人旅行者のリピーターを増やすため、飲食・宿泊や医療・防災などの多言語対応を図ります。

 ■ 共生社会の実現をめざし、ユニバーサルデザインのまちづくりを推進します。

 ■ 中小企業や商店などの販路拡大、人材確保を支援します。

4.都政の『改革』

 ■ 情報公開と公文書管理で行政の責任の所在を明確化します。

 ■ 外郭団体のあり方を抜本的に見直します。

 ■ 委員会のインターネット中継など、議会の見える化を推進します。

 ■ 飲食禁止など政務活動費の使途見直しやネット公開を実施します。

パラリンピック・オリンピック

 1964年の東京オリンピックでは、新幹線の開通や首都高速道路の完成などハードが大きく変わりました。2020年東京大会では、子どもたちに夢と目標を与えると同時に、パラリンピックを通じて、ハートが変わる!大会を目指します。
 ボランティア活動やオリンピック・パラリンピック教育を推進します。
 とりわけ、パラリンピック成功に向けて取り組むことが、障がい者への理解と心のバリアフリー推進につながり、今後あらゆる政策において、バリアフリーの視点が当たり前になっていくのではないでしょうか。「ハートが変われば、ハードも変わる」

 

  • facebook
  • twitter
kenkin
PAGETOP
Copyright © たきぐち学後援会事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.